台湾中国語の資格試験「TOCFL」とは?【現役台湾留学生が解説】

f:id:agepii:20190301232443p:plain

 


こんにちは、りょたろです。

 

先日友達からこんなことを聞かれました。

 

TOCFLっていう中国語のテストはどんな感じなの?

 

なのでこの質問に答えていきたいと思います。

 

そしてまだあまり知られていない中国語の資格試験である「TOCFL」について解説をしていきます。

 

中国語の資格試験について知りたい人

 

TOCFLについて知りたいひと

 

 

こんな人はぜひ読んでみてください。

 

 

 

TOCFL基礎情報

TOCFL=台湾中国語(華語)の資格試験

TOCFL中華民国(台湾)が主催している台湾中国語(華語)の資格試験のことです。

f:id:agepii:20190228204646p:plain

(出典元:TOCFL公式HP)

 

台湾で使われる中国語(華語)の能力を測ります。

中国大陸で使われる中国語の能力を測るHSKとは全く別物の資格試験です。

 

扱う内容には大きな差はありませんが、使用する漢字の違いがあります。

HSKでは簡体字という主に中国大陸で使用される漢字を使って試験が行われますが、TOCFLの場合は繁体字という主に台湾で使用される漢字を使って試験が行われます。

 

TOCFLの受験レベルと他資格試験との比較

TOCFLには全部で6種類の試験レベルが用意されており、自分に合ったレベルのテストを受けることができます。

 

f:id:agepii:20190228210705p:plain

(出典元:TOCFL公式HP)

ただ、この表だけ見ても自分がどの級を受験すればよいのかわからない方もいると思うので、もっとわかりやすくするためにHSKや中国語検定といった他の試験との比較も見てみましょう。

 

f:id:agepii:20190228210707p:plain

(出典元:TOCFL公式HP)

 

 あくまで参考ではありますが、HSKや中国語検定などの他資格試験との比較はこのようになっています。

 

なので例えば,

HSK3級を既に持っている方が、さらに上を目指す勉強の過程でTOCFLを受けることになれば、HSK4級レベルに相当する基礎級の受験がおすすめであるということですね。

 

TOCFLは日本でも受験可能

TOCFLを主催する団体は台湾にありますが、試験自体は日本でも受験可能です。

 

1年に4回行われており、会場は全国(仙台、東京、名古屋、金沢、大阪、広島、博多、那覇などなど)に設置されます。

 

1年に4回しかないので、しっかりと準備して満足のいく結果をとれるような準備が必要ですね。

 

TOCFL受験方法

方法は以下の二つになります。

 

①電話で応募

 

②公式HP上でネット応募

 

どちらでも可能なので好きな方法で申し込みをすればOKです。締め切りは試験日からおよそ1か月半前と思っておけば大丈夫です。

 

ただ、席数の関係で申し込みが不可能になる可能性も否定はできないので、申し込みがは始まり次第申し込みをすることをおすすめします。日程などはすべてTOCFL公式HPで確認できます。

 

*台湾でのTOCFL受験方法

台湾でのTOCFL受験方法については、『【必見!】台湾でTOCFL(台湾中国語試験)を受ける方法』で詳しく解説していますので、必要であれば参考にしてください

 

TOCFLを受験するメリットとデメリット

ではTOCFLを受けることによるメリットとデメリットは何でしょうか。

一つ一つ見ていきましょう。

メリット

メリットは大きく分けてつです

 

・台湾留学生向け奨学金「台湾奨学金」の審査基準に使える

 

・台湾の大学、専門学校等において中国語能力の参考基準として使える

 

・就職活動をする際の中国語能力の証明として使える

 

一つ一つ解説していきます

①台湾留学生向け奨学金「台湾奨学金」の審査基準に使える

 

台湾には留学生を支援するための奨学金が用意されています。それが「台湾奨学金」というものです。

 

そしてこちらの奨学金を取得するにあたり、TOCFLの成績証明書が必要となります。

 

このあたりの情報はamikawaさんという方のブログ記事である『台湾奨学金の書類準備・申請・面接・採用までのことを全部解説します』で詳しく解説されていたので、参考にしてみてください。

 

 

②台湾の大学、専門学校等において中国語能力の参考基準として使える

 

台湾留学をするにあたり、大学や専門学校に通うことになると入学基準や入学書類の準備などがあります。

 

ここで入学基準に「TOCFL~級以上」のような基準がある

学校も少なくありません。

 

たとえなかったとしてもTOCFLの資格はもちろん入学書類内の資格欄に記載することができるので、入学にプラスに働く可能性があります。

 

 

③就職活動をする際の中国語能力の証明として使える

 

これは説明しなくてもわかると思いますが、TOCFLは資格なので履歴書の資格記入欄に記入することができます。

 

就職したい企業が台湾に関係のある企業なら、もちろんこの資格はかなり有利に働くと思います。

 

デメリット

次はTOCFL受験のデメリットです

デメリットは大きく分けて2つです。

 

知名度が低く汎用性がない

 

簡体字で勉強するのが普通の日本の中国語教育には合っていない

 

一つ一つ解説していきます。

 

①資格としての知名度が低く汎用性もない

 

これが最大の欠点かもしれません。

 

TOCFLは中国語資格試験においてかなり知名度が低いです。またその資格を生かせるのが主に「台湾だけ」なので資格の汎用性も低いです。

 

一方で、やはりHSKは断トツの知名度を誇り、その影響力は世界でも通じるほどです。また、「中国大陸全域」で使えるという中国語の資格である点もあります。

 

資格の知名度と汎用性においては完全にHSKに軍配が上がります。

 

 

②簡体字で勉強するのが普通の日本の中国語教育には合っていない

 

日本で教えられる中国語は主に簡体字です。なので日本での教育のみでTOCFLを受験しても、繁体字を原則とするというルールに阻まれます。

 

言い換えると、「受験すること自体が難しい」といったところでしょうか。

 

もしTOCFLの受験に迷っている方がいましたら、これらのメリット、デメリットを見たうえで自分がTOCFLを受験するべきかどうか考えてみるのもありですね。

 

TOCFL情報まとめ

ここまでTOCFLについての情報を書いてきました。

要点を整理すると、

 

・TOCFLは台湾で使われる中国語の試験

 

・TOCFLは電話orネットで受験申し込み可能

 

・TOCFL受験にはメリット&デメリットがある

 

以上になります。

TOCFLの受験を考えている方は是非参考にしてみてください。

 

それではまた