とりま始める大学生通信

台湾留学の情報や、個人的な旅行、語学学習などをメインに書いています!

【格安留学】台湾は英語も中国語も学べる最強の留学先なのか?

 

 

英語って、、、本当に大事ですよね。

 

世界は目まぐるしく動いていて、情報の流れやも早い。その情報の多くは英語を介して行われることが多いので、英語ができないと世界についていけない。

 

日本でも大学受験や就職活動などで、英語力の高さはアドバンテージとされ評価される。

 

大変な時代ですね。

 

そんな中ですごいインパクトが強い言葉を先週聴きました。それが

「台湾は英語教育も盛んだから、英語も中国語も一度に学べる素晴らしい留学先である!」

 

英語だけならまだしも、英語の次に注目されつつある中国語まで同時に学べる!?

 

それも僕が今留学している台湾での話!?

 

これは是非調べたいということで今回のテーマにしました。

 

こんなおいしい話がほんとにあるのか!!??

 

僕の台湾での留学経験から思うこととともに、書いていきたいと思います!

 

台湾での英語留学とは?

色々調べて一通りわかったのは、台湾での英語留学というのは二つやり方がありそうです。

①台湾にある語学学校が主催する英語コース

②中国語の留学をしにきて、その留学先の大学の英語で行われる授業を選択したり、留学生同士の交流の中で学んでいく方法

 

二つに分けてみていきましょう

 

台湾の語学学校で英語を学ぶ(①)

 

このやり方に関しては一言でいうと、

 

「日本人がいない環境で英語を学ぶ」

 

ということです。

 

詳しく言えば、英語を学ぶコースに申し込み、クラスメイトは英語を勉強したいという意識が高い台湾人の生徒が集まっている。

日本語が通じないから彼らとは英語を通して意思疎通を図るしかなく、その強制された環境下で英語力を伸ばしていくというスタイルです。

 

なるほど~、確かに英語を使わざるをえない環境であれば、英語を話すことにはなりますし、特に英語は読み書きができるのに聞く話すが苦手という人が多い日本人にはうってつけの場所かもしれません。

 

学費も物価も英語圏の国に比べれば安く済みますし、治安もよい、文化的な違いも多くはなく、日本からも近いので航空券も安いし何より安心感が大きい。そのうえ普段の生活なら中国語を使うことになるから中国語も一緒に習得できちゃう。

 

メリットしかなさそうですね笑

 

 中国語留学の中で英語を習得する(②) 

んーーーー、これはYes,NOでこたえられる問題ではない気もしますが、思うことはあるのでここに書きたいと思います。

 

ただ、これは留学の仕方にも関係してくると思うので、とりあえず大きく分けて三つの項目(交換留学、休学留学、正規留学)にして話したいと思います。

交換留学

まずは交換留学から。交換留学とは自分が在籍する大学が協定を持つ外国の大学に、交換留学生として留学に行くものです。

 

交換留学は、多くの場合その留学先の大学が管理する学生寮に住むことが多いです。


そこには同じように外国から交換留学来た学生がたくさんいて、彼らと生活を共にするということになります。


僕もこのパターンの留学です。

 

僕の大学(淡江大学)では、中国語の学習程度は様々で、ネイティブ並みに話せる人もいれば、漢字の書き方や漢字練習、発音の仕方などから始める人もいます。

 

後者の人たちとコミュニケーションをとる場合、中国語ではなく英語を使ってコミュニケーションをしている時が多いです。


なので学術的な英語というわけにはいきませんが、日常会話や一般的な会話をする上で必要な英語力は養うことは可能です。

 

ただ養うためには、彼らとそれなりに日常生活をともにする必要がありますし、仲を深めることは大切です。


英語を話せないから彼らと話をしないという風な態度をとっていると、彼らと仲を深めることができません。(当たり前)

 

やはり彼らとコミュニケーションをしたいという意思を前面に出して、英語なんてできなくても話しながら学ぶよと言う姿勢で接していけば、彼らからの信頼も得られますし自然に英語を話さなきゃいけない関係の中に自分の身を置くことになるため、多少なりとも英語の上達は出来ると思います。(僕はそうでした笑)


実際、台湾に来た当初は台湾人と交流する機会があまりなく、むしろ同じ寮に住む外国人たちと遊びに行くことが多かったです。


そのような期間が続いていた間は、今までにないぐらい英語を話すことになりましたし、日常会話表現も多く学ぶことができました。

 

読解力や作文能力の向上は難しいかもしれませんが、彼らと会話する中で聞き取り能力や話す能力というものは多少は向上したのかな感じています。


なので心がけ次第では日常会話レベルの英語は習得が可能かもしれません

 

休学留学

 

休学留学とは、その名の通り学校を休学して留学する制度のことです。

 

休学留学の場合は僕が経験しているわけではないのではっきりとした意見を述べることはできません。

 

ただ、語学学校の場合は台湾人よりも外国人の方が圧倒的に多く在籍するため、彼らと中国語を使ってコミュニケーションをする時以外は、英語を使ってコミュニケーションする場合もあると思いますので、その際英語を使うことで能力の向上は見られるかもしれません。

 

本科留学

本科留学とは、台湾の大学に入学をして、4年間をそこで過ごす留学のことです。

 

本科留学の場合も僕自身経験しているわけではないので、正しい情報を提供できるわけではありません。

 

ただ、正規留学をしている友達の話を聞くと、彼らは僕と同じように学校の寮に住んでいることが多く、学校の寮には彼らと同じように正規留学をしている外国人留学生もいて、彼らの生活を共にする上で英語は欠かせない、あるいは英語を話す機会があるということは聞いたことがあります。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

僕の個人的な意見では、台湾での英語と中国語の両方の習得というのはかなりハードルが高いものでかなりの努力が必要なことだと思います。

 

ただ不可能なことではないと思います!

 

それなりの努力と工夫が必要かと思いますし、一緒に時間を過ごす人がどのような人かによって習得できるかできないかも決まってくると思います。

 

もし留学先を台湾にしようかなと考えている人は、このような留学もあるということで参考にしていただけるとうれしいです!

 

*ぼくは決してこのような留学方法に反対しているわけではありません。実際に台湾に中国語留学をしていて思うことなどがあり、それを踏まえたうえで個人的な意見をここで書きました!もしこのような留学に挑戦なさる方がいらっしゃいましたら、ぜひお話をお聞かせください!僕も記事にしたくらいとても気になるテーマです!よろしくお願いします!

 

ではまた!