【中国語資格試験まとめ】何があるの?中国語資格試験の種類と特徴

f:id:agepii:20181207184848j:plain

 

学習において「 資格」というのは目標設定やモチベーションを維持の上でとても重要な役割を果たすものですよね。

 

英語なら TOEICやTOEFLなど 有名な資格がありますよね。

 

では皆さん、中国語の資格にはどのような資格があるかご存知ですか?

 

現在とても人気がある中国語学習。

 

その中国語にはどんな 資格があるのでしょうか?

 

ここでは中国語の主な試験について紹介していきますので是非参考にしてください!

 

HSK(汉语水平考试)

HSK とは中華人民共和国の主催している中国語の資格試験です。

 

日本でも「中国語の試験といえば HSK」 と言われるほどおそらく一番高い知名度を 持っているのではないでしょうか。

 

開催国は日本、中国、タイなどで、レベルが1級から6級まであり、数字が大きくなるほど難しくなります。

(ちなみに台湾では受験が不可能です)

 

レベル:1級~6級(6級が最高)

 

試験内容:筆記、聞き取り、作文

 

中国の大学への留学条件や日本での就職活動での自己アピールなどで良く用いられる試験です。

 

またスピーキングの試験としてHSKKという試験もあります。

 

こちらは初級中級高級というレベル分けがされており、試験時に一人一人音声レコーダーを渡され、放送を聞いた後、制限時間内に、答えを音声レコーダーに向かって話すという形式になっています。

 

詳しくはHSK公式HPでご確認ください!

http://www.hskj.jp/

 

 

 

 

中国語検定試験

こちらは日本が主催して行われる中国語の資格試験です。

 

こちらは主に日本人を対象に作られた試験です。

 

試験内容:リスニングと筆記

 

レベル:準4級~1級

 

この試験は普段漢字を使う日本人を 対象にしたテストです。

 

TOCFLやHSK と比べてやや難しい内容なのかな、とは個人的には思います。

 

というのも、このテストは日本人向けに作られているため、日本人の「漢字を見たら何となくわかる!」というので解ける問題が意図的に減らされていて、しっかり中国語を勉強していないと解けないような問題が結構あるなといった感じです。

 

詳しくは中国語検定試験の公式HPでご確認ください!

http://www.chuken.gr.jp/

 

★おすすめ参考書(値段などの詳細は画像をクリックしてご確認ください)

 

 

TOCFL

TOCFL は中華民国が主催している台湾中国語(華語)の資格試験です。

 

台湾中国語というワードがイマイチわからない方はまずこちらをご覧ください!詳しく解説してます!! 

mydiaries-in-taiwan.hatenablog.com

 

試験では繁体字の使用が基本となるようです。(一部簡体字もあり)

 

レベル:A(1,2), B(3,4),C(5,6)

 試験内容:読解、聞き取り、作文、会話それぞれあり

 

受験時にAを選んだ場合は1か2、 B を選んだ場合は3か4、 C を選んだ場合は5か6という数字で、テスト結果が分けられます。(数字が大きいほうが良い)

 

ちなみに僕も先日受験の申し込みをしました!目標は大きくということでC級を選択しました!その様子なども、近く記事にしたいと思います!

 

詳しくはTOCFL公式HPでご確認ください!

https://www.sc-top.org.tw/

(ホームページの表記は英語か中国語となります)

 

*こちらでTOCFLの受験(台湾での)方法を書いていますので是非ご覧ください!

mydiaries-in-taiwan.hatenablog.com

 

いかがでしたでしょうか?

 

これから中国語の資格試験を受験予定の方や、中国語の資格に興味がある方、またこれから中国語を勉強していこうという方で資格情報などが気になるという方は是非参考にしてみてください!