とりま始める大学生通信

台湾留学の情報や、個人的な旅行、語学学習などをメインに書いています!

【留学】一学期目が終わったので授業のレビューをしてみた


f:id:agepii:20190202192019j:image

 

先程、今学期最後のテストが終わり

 

今この記事を書いています。

 

僕にとって初めての海外の大学での学び。

 

そのうち半分が今日で終わった(1学期は約4ヶ月)ので

 

記録も兼ねて振り返りを書いておきたいと思います。

 

主に中国語の授業について書いていきます。

 

これから台湾に留学したい人、留学予定の人、その他の台湾を愛してやまない人。

 

1参考記事として見ていただけたらと思います。

 

僕の留学

先に書いておくと、

 

僕は語学学校ではなく、交換留学生として

 

台湾の淡江大学に通っています。

 

 

www.torimastart.com

 

 

なのでここからお届けするレビューは、

 

語学学校の授業のレビューではない

 

のでご注意ください。

 

では、振り返っていきます。

 

プレースメントテスト

9月にこの大学に来て、

まずはプレースメントテストというものを受けました。

 

これは日本で言う「クラス分けテスト」みたいなものです。

 

つまり、ここでまずは自分の中国語力を測り、そのレベルに合ったクラスに入ることになります!

 

僕はこのテストで4クラスのうち、上から二番目のクラスに入りました。

 

日本で中国語学習を2年半やっていたことを考えると、決して良い成績ではなく、

 

おそらく僕の同級生ならみんな一番上のクラスに入れていたのかなと思います笑

 

日本で勉強をサボった分、ここで基礎から固めて取り直そう

 

そんな気持ちになりました。

 

所属クラス決め

え?さっきのテストで決まったんじゃないの??

 

と思いますよね。

ややこしくてすいません。

 

実は上から二番目のクラスに決まったとはいえ、

そのレベルに自体に2クラスあり、

どっちのクラスに入るかを決めなければいけません。

 

レベルは同じだけど、

先生とクラスメイトが違う

ということですね。

 

最初に入ったクラスは、

 

良かったのですが

 

クラスメイトがうるさくて先生が注意をするということが頻繁にあるクラスで

 

即退出し、もう一つの方のクラスに入り、そこに決めました。

 

授業レビュー

①教材


f:id:agepii:20190111223457j:image

 

ここでの授業は、

 

「新版實用視聽華語」

 

という教材で授業を進めました。

 

台湾で中国語を学習する人は結構この教科書を使う人も多いんだとか。

 

ちなみに僕は上から二番目のクラスでしたのでレベル3を使って学習していて、上のクラスはレベル4を扱っていました。 

ちなみにこの教材の最上級はレベル5まであるらしいですよ。

 

教材が気になる方は、こちらに商品リンク貼っとくので見てみてくださーい!

Practical Audio-Visual Chinese 5 2nd Edition (Book+mp3)新版實用視聽華語第5冊 台湾中国語

Practical Audio-Visual Chinese 5 2nd Edition (Book+mp3)新版實用視聽華語第5冊 台湾中国語

  • 作者: Guo Li Tai WAN Shi Fan Da Xue Guo Yu Jia
  • 出版社/メーカー: Zheng Zhong/ Tsai Fong Books
  • 発売日: 2008/02/01
  • メディア: ペーパーバック
  • この商品を含むブログを見る
 
Practical Audio-Visual Chinese 4 2nd Edition (Book+mp3) 新版實用視聽華語第4冊 台湾中国語

Practical Audio-Visual Chinese 4 2nd Edition (Book+mp3) 新版實用視聽華語第4冊 台湾中国語

  • 作者: Guo Li Tai WAN Shi Fan Da Xue Guo Yu Jiao Xue Zhong Xin
  • 出版社/メーカー: Zheng Zhong/ Tsai Fong Books
  • 発売日: 2008/02/01
  • メディア: ペーパーバック
  • この商品を含むブログを見る
 

 

 

授業スタイル

週4回の授業を2つの種類に分け、

 

片方は会話、もう片方は読解作文

 

という形で進みました。

先生も別々で二人付きました。

 

まあとはいえ、どちらの授業もそこまで大きくは変わりませんでした!

 

読み、書き、聞き、話す

 

この4技能を常に使った授業だったかなーと思います!

 

 

レベルも合ってたし、このへんは大変満足でした!

 

ただいくつか不満はありました。

それは

 

  • 中国語のクラスは午後6〜8時
  • 1クラスの人数が多すぎる

の2点です。

 

まず1点目、中国語のクラスは午後6〜8時についてです。

 

中国語のクラスは基本的には全員午後6〜8時に行われました。

 

これだと

 

  • 台北の中心地に遊びに行っても、授業のために帰ってこないといけない
  • お腹がすく
  • 夜ご飯が遅くなる
  • 台湾のごはん屋さんは七時半をすぎると閉め始めるのでごはん屋さん探すの大変

などなど、色々問題が出てきます。

他の大学に留学している人の話を聞くと、

 

大抵は朝早い時間からお昼までやるのが一般的らしく、

 

個人的にはそっちのほうが一日の行動の幅が広がるなー、、という感じでした。。

 

夜ご飯屋さんを探すのも一苦労です。。

 

来学期もおそらくこんな感じなので、残念極まりないです。。

 

2点目は、1クラスの人数が多すぎる!、です。

 

なるべく多く話して練習を積みたい会話の授業は、どのクラスも

 

先生一人に対し、25人ほどの生徒が居る状態です。

 

これはとても不満な点でした。

 

自分で積極的に発言して、意識的に会話数を増やす努力をするしかなく、

 

語学を学ぶ環境としてはイマイチだったのかなと感じました。

 

成績・テスト

成績に関しては、厳密に言うと先生によって違いますが

 

基本的には

 

出席 20%

小テスト 20%

中間・期末テスト 60%

 

こんな感じでイメージしてもらえれば問題ないと思います。

 

 

テストに関しては、

 

授業での小テスト→2週間に一回くらい

中間・期末テスト→計2回

 

です。

 

はっきり言ってしっかり準備していればそこまで難しくないです。

 

普通に出席して、小テストやって、テストで点数とって、、、という僕でも、

 

おそらくAの評価が来るかなーという感じです。

 

なので普通に勉強していれば問題ありません!

 

 

中国語は伸びたの?

ここが皆さん一番気になると思います。

 

結果から言うと、

 

めちゃ伸びた

 

と思います。

ただ、この感覚はあくまで自分の中のものであり、 

 

自分の言語能力を一般的な指標で相対化すれば、まだまだ改善の余地はあると思います。

 

何言ってるかさっぱりわからん!とかも日常茶飯事です笑笑

 

だけど、来る前よりは確実に伸びました。

 

これは事実です。

 

留学してしっかり勉強すれば、言語能力は伸びないわけがありません。

 

 

留学して中国語伸びたの??みたいな話は、実は毎月のレポートとしてこのブログのシリーズ記事にしています。

 

中国語能力の状況についてより詳しく分析して、よかったら見てみてください!

 

 

www.torimastart.com

 

 

www.torimastart.com

 

 

www.torimastart.com

 

 

www.torimastart.com

 

 

まとめ

こんな感じで、ひとまず最初の1学期が終わりました。

早かったなー笑

 

来学期は2月後半から。

それまでは春休みです笑笑

 

またそれまでにレベルアップして、更に上のレベルにいけるようにがんばりたいと思います!

 

尚、台湾での留学生活、淡江大学での留学生活などに関して質問などがあれば、Twitterで聞いてください! 

 

可能な限り(僕が知っていることなら)お答えします!

 

ではまた!