話上手な人たちが必ず取り入れるたった一つの工夫とは?



f:id:agepii:20190109223901j:image

 こんにちは!

 

りょたろです!


皆さんの周りにも話上手な人ってたくさんいますよね。


僕の周りの話上手な人は、

  • 仕事ができる
  • 頭が良い
  • リーダーシップがある
  • 人を魅了する
  • モテる!!!!!

などなど、ポジティブな要素を多く併せ持っていて、


その人と自分を比べて残念な気持ちになることも多々あります笑笑


でもそんな彼らも


実は話す際に


必ずある工夫をしているんです!

 

最近気づいちゃいました!笑


それがどういうものなのか!


今回の記事では明らかにしていきますのでぜひ読み進めて見てください!


話上手な人が必ずやる工夫


先に結論から行きましょう!

 


話上手の人が必ずやる工夫


それは


「抽象的な話を具体例を使って理解させ、自分への信頼を生む」


です!


ここでピン!と来た方は、

実際に自分の周りにいる話上手な人の話を思い出してみてください!

きっとこの事実が当てはまるはずです!

 

まだピンと来ない方!安心してください!

ぼくも話し上手の人を見習って、

この話を「具体例」を使って話していきますね!

 

話し上手な人の具体例とは?


先程の話の具体例として、

まずは話上手な人の話を聞いてみましょう!


今回は僕が普段からよく見ているYouTuberの方たちの動画を

具体例として出していきます!


しっかり聞いてみると、彼らが


難しい話をするときは必ず具体例を混ぜている


ことが確認できます!

 

マナブさん

youtu.be


迫さん

youtu.be

 

しゅうへいさん

youtu.be

 


いかがでしたか?


こうして見ると、確かに話上手な人は必ず優しい具体例を混ぜながら話を進めているのが明らかですよね!

 

でも一体なんで具体例を混ぜるのでしょうか?

 

話上手な人が具体例が使う理由


なぜ彼らは皆具体例を使って話すのか?


理由は2点あります

 

①自分の話を相手にちゃんと理解させるため


僕たちが話上手な人と話上手ではない人を見分けるポイントの一つとして、


その人の話を理解できたか理解できていないか


というものが挙げられます。

 

逆に言うとしっかり理解させられる話ができる人は、話し上手と認定されます!

 

具体例があれば自分が話している内容は相手にしっかり伝わりますよね!

 

話し上手の人はここを意識しているようです!


②聞いている人を自分により引き寄せるため


これは一点目の続きでもあるのですが、


難しい話を聞いて、

そこでかんたんな具体例に落とし込んで話してもらい、

話を理解をできたとき、


あなたはどのよつな感情をいだきますか?


おそらく、

 

うわーこの人すげー、たとえ話上手だ!


となりますよね!


そしてそこからが話し上手の人の狙いです。


たとえ上手だなーと思ったあなたは、


この人なら難しい話でも理解させてくれる!


というある種信頼のような感情を話者に抱き始めます。


そしてその人の話をどんどん聞いていこうという姿勢になります!


話が終わったあと、この信頼が結果的に「話上手だなー」というイメージにつながっていきます。

 

 


このように、具体例を使うことで、話上手な人は聞き手の考えをうまく操っていると言えそうですね!


(なんか宗教みたいな話になってるけど、一切そんなつもりはないです笑笑)

 

私達が話上手な人から学べること


そうとわかったのなら、私達も、


☑具体例をうまく使って聞き手をこちらのペースに持ってくる


この練習を積めば話上手な人になれますよね!


しかしここでポイントなのは、

いつでも具体例を示せるだけの豊富な具体例を持っておかないといけないです!

 

それを解決する方法として、

 

普段からニュースや本などから情報を得て、TwitterやSNSで具体例を混ぜながらアウトプットしていくことは役に立つかもしれませんね!

 

www.torimastart.com

 


まとめ

今回は


「話上手な人たちはみんなやってるたった一つの工夫とは?」


について書いてきました!


ポイントは

・具体例を混ぜる!


そしてその理由は

・自分の話を理解させるため

・聞き手の信頼を生むため


でしたね!


このポイントを意識して

 

あなたも話上手な人への一歩踏み出しましょう!