純ジャパだからこそ留学を楽しめる理由


f:id:agepii:20190106211123j:image

 

 

「海外に行ったことないけど留学ってできるの?」

 

「留学するには海外経験は必須??」

 

「私は海外行ったことないし不安。」

 

 

そういう声を聞いたことがありますが、、、

 

僕から言わせれば、、、

 

 

むしろ純ジャパのほうが留学楽しいんじゃね!?

 

という感じです!

 

どうしてそう言い切れるのか。

今日はその理由をここで書いていきたいと思います!!

 

これから留学される方、留学に興味がある方はぜひ読んでみてください!

 


純ジャパとは?

 

まずは純ジャパの解説から!

 


純ジャパ(じゅんジャパ)とは、純粋と「ジャパニーズ(日本人)」を合成した略語で、幼少期から長期に日本を離れて生活した経験がない、主に英語を流暢に操れない日本在住の人々を指す。

(wikipediaより一部抜粋)

 

wikipediaさんいつもありがとうございます笑

 

僕たちが思う純ジャパとほぼ一致ですね!


ちなみに僕は


留学前に、海外旅行に3回行ったことがあったとはいえ、長期のものはなかったので、

純ジャパに当たると思います。


さらに英語は流暢ではありません笑笑

ある程度は聞き取れるし読めるけど、話せない!!笑笑


完璧な純ジャパです。笑

 

 

純ジャパで留学するのに不安はなかったのか??


ありますよそりゃー笑笑


実際めちゃくちゃビビってたし、

なんなら台湾というかなり親日で有名で、日本と近く不安も少ないと思われるような場所なのに、不安でした笑笑


だけど不安を抱かない人なんて誰もいません! 


それに

 

不安を抱いているからやめるというのは非常にもったいないです!


いまからその

 

純ジャパこそ留学を楽しめる理由


を解説していきます!

 

純ジャパこそ留学を楽しめる理由


はい!

では本記事の核心に入ります!

なぜ純ジャパこそ留学が楽しめると言えるのか!


大きく分けて3つのポイントがあります!

 

  • 初めて外国人との意思疎通を経験する
  • 初めて日本を客観視できる
  • 初めての外国人の友達ができる


この3つです!

順を追って解説していきます!


①初めて外国人との意思疎通を経験する


どんなことでもそうですが、

結果が現れる瞬間というのはとても嬉しいものです!


数字だったり、表彰だったり、人によって様々だと思います!

 

留学に行く理由の多くは言語学習ですよね。
では言語学習での結果とは何でしょうか??


確かに資格試験の成績アップなども考えられますが、


やはり一番嬉しいのは


学んだ言語で現地の人と意思疎通ができたという体験

 

だと思います!


でもこれは日本で勉強しているだけではなかなかできない体験で、


かつ純ジャパにとっては死ぬほど憧れる体験。


その体験をしたことがある人にとっては何ら特別なコトでもないのですが、


純ジャパの人にとってはとても嬉しいもの!

 

僕も初めて中国語で台湾人と意思疎通ができた時は感動したしとても楽しかったです!

 


②初めて日本を客観視できる


日本を客観視する体験というのは

純ジャパの方はおそらく経験したことが無いのではないでしょうか?


この体験は絶対にしたほうが良いです!


世界には僕たちの普通が通用しない国がたくさんあります。


僕の体験から一つ例を上げます!

 

台湾では、トイレットペーパーを流せないところもあり、使用済みのトイレットペーパーは便器近くのゴミ箱に入れます。

(最近は流せるところも増えつつある)


しかし、トイレットペーパーが流せることは勿論、ウォッシュレットさえつくのが当たり前のトイレ先進国日本で育った僕は、


最初この文化がどうしても理解できなくて、

 

あり得ない、、、

 

と感じました。

 


しかしその話を台湾人の友達に話すと、


「え、日本は流せるの!?」

「え、ウォッシュレットって何!?」


みたいな反応がちらほらありました。

(台湾人の人は日本が好きな人が多いのでそれらを知っている人も多くいた)


僕はこの反応にハッとさせられました。


それは、僕が僕自身を基準に考えているということです。

 

もっと言うと、僕が日本基準で外国を見ていたということです。

 

当たり前ですが、純ジャパの僕の価値観や考え方は、全て日本において構築されたものです。

 

なので外国に行けば通用しないものもたくさんあります。

 

しかし僕は日本にずっと居たとしたら、

 

その事実に、おそらく気づかなかったでしょう。


それに気づいてからは、僕はなるべく日本基準で考えることをやめ、


どちらかというと第三者の立場で台湾と日本を比べるように試みています


そして僕はこのように、「日本を客観視する体験をする」というのがとても貴重な経験だったなと感じています。


時には人生で抱くことがなかった日本の価値観や基準への疑問なども湧くようになりました。、


このような経験はやはり、海外に出たり留学を通してでないとできるものではないし、


純ジャパであればあるほど、この体験の印象は強いと思います!


③初めての外国人の友達ができる

留学すれば自ずと外国人の友達ができます!

めちゃ嬉しいですよね!


特に純ジャパは外国人の友達ができる機会もなかなかないし、


そもそも友達を作る環境とかも少ないですよね。


だけど留学に行けばどんな純ジャパでも、


ちゃんと外国人と絡むようにすれば!(ここ重要!


確実に友達はできます!

 

僕も外国人の友達なんて人生でいませんでしたが、

 

台湾に来てから多くの友達ができました!

 


そして彼らとの会話で言語を練習しつつどんどん仲を深めていける!


まさに一石二鳥! 

 

 

 

まとめ!


今日は純ジャパこそ留学を楽しめるというテーマについて、その理由を書いていきました!


おそらくその理由に共通するのは


「初めて」ということです!


皆さんは「初めて」を恐れて前に進めないのかもしれませんが、


その「初めて」が


前に進んだときのとても楽しいという感情の理由としても考えられると思います!


参考になれば幸いです!


ではまた!